つぶやき

某所で神託をしています。

己の未熟さを色んな意味でも体感。

帰宅途中、この日の事を振り返っていたのですが。

物凄く充分した一日ではあったものの、私の中では

陽さんの前世がもう少し深く視れそうだったのに解読出来なかった事が悔しくて

『眼』の使い方を覚えるには一体何のトレーニングを詰めればいいんだろう、と

帰ってからちょっとトレーニングを考える事にしました。

 

 

 

……………どーでもいいけど、陽さんとはまた会いたいなぁ。

てかあの人自体がまた会いたくなるような要素を持ってるよね。

神託もリエさんと一緒でクリアな言葉を降ろす人だし不思議。

出来る事なら、ゆりさんとも一度会ってみて欲しかったなぁ………

(某所は卒業された方です)

………………………………………!?

うわ、ヤバ………コレもしかして

 

 

 

 

 

 

私「…………カハッ!!……………ゲホゲホっ!

……………………う、ぅええぇ………。」

 

 

 

康「………。」

 

 

 

素「……………ちょっと『崩れて』きたな。」

 

 

 

井「………然れど、まだまだ其処に留まっておるでござる………

 

 

 

私「…………………………っ!

ぅえ………何だコレ、意志を持ってるかのように胸の辺りで張り付いてる

…………??トモさんの思念??

あ、うは(汗)まだ『眼』は全開なのか何か『入ってくる』んだけど……

 

 

 

素「…………………………(д)

そういう思念は分析出来るのな、オマエ。

高校の頃からちまちま拾ってただけあるな(汗)

ソレはタチが悪くて剥がすのに時間がかかるもんだから

『無理やり押さえ込んでた』んだよ。

だけど、そのままにしておいても支障が出るもんだから

全ての予約終了後にソレは解いておいたんだが………

さすがに体内の異物を『崩す』のは時間がかかるか。無理もねぇ。」

 

 

 

私「げ。もしかして

 

 

 

素「うんそう。あの人自体が『お前の側が心地良い』って思ってんだから

その残留思念だって同じだ。

お前の体内の居心地が良いもんだから、そっから出たくなくて抵抗してんだわ。」

 

 

 

私「嘘ぉ!Σ(Дlll)

そんな事って、あるぅ〜〜!??え、でもコレ『ネガティブな思念の塊』でしょ??

普通は居心地が悪くなって居なくなるもんなんじゃないの!?」

 

 

 

井「………あの者は、あき殿を愛い(うい)と慕っておるゆえ

其処を討たぬ事には他の"想い"が出てゆかぬのでござるよ。」

 

 

 

忠「あき殿は己の事に少々無関心でござる。(-_-;)

 

 

 

素「昔よか多少治りはしたもののオマエ自分の事には疎過ぎるんだよ(; ̄Д)

お前だって、自分のお気に入りの人にはくっ付きたいと思うだろ?それと一緒だよ。

ネガティブだろうがポジティブだろうが、『念』は『念』だ。

『念』とはエネルギー。そこに『意志』が乗るからこそそのエネルギーが、

ネガティブとかポジティブとかに分かれるんだろーが。

"まじない"なんかと原理的には一緒だ。」

 

 

 

私「…………えーと…………??」

 

 

 

井「あき殿が"あの者から頂いたもの"を貰い受けた時、

あき殿の存念は如何様であったか?」

 

 

 

私「"あの者から頂いたもの"……??」

 

 

 

 

 

 

直政さんがその相手の画を送ってきた後、

時間差で今度は別の人の画を素戔嗚さんが送ってくださったのですが

 

 

 

 

 

 

素「……お前、コイツらから貰った物はどうしたよ?(笑)」

 

 

 

私「……………………………………

『好意』と『腹の中にあったもの』の両方が入り混じってたもんだから

手元に置いておきたくなくて、一部は処分したんだけど

どっちもまだ一つずつ家に残ってはいる………

一つは貰ってくれそうなアテがあるからイイんだけど、

中々その人に会えなくて困ってる所だし

もう一つの方は、くれた人はその意味を解っててくれたもんだと思ってたから

そのまま放置してんだけど?」

 

 

 

素「アホか!そこまで解ってるんだったら

今オマエが吐き出してる最中の『思念』にだって

それと同じ事が起きてんのはもう解るだろ(; ̄Д)

……お前、アホなのか利口なのかホントよく解らんヤツだな……

しかもそのどっちも強力だから未だお前の中で抵抗してんだが。

『中々その人に会えない』ってのも『放置』になってんのもソレと同じなんだよ。

………お前………いっこ『意味』が抜けてるからもう一度調べ直せ。」

 

 

 

私「嘘だ!……………………!ぅえ、……っ!!

うはマジで抵抗してるコレ。中々『外』に出てくんない(泣)」

 

 

 

素「少しずつ崩さねぇと一度に全部は吐き出せねぇな、それ。

……全く……面倒クセェ事しやがって

いいか?言っとくけど、その状態でも結構危ねぇんだからな??

いつまでも手元にある、残り二つの『頂き物』も一週間以内に何とかするんだな。

アイツらはそれで『お前を探ってる』んだが、嫌なら全て処分しろ。

…………『魔女っ子』の時と同じじゃねぇか………

あの時は寺に持ってって早々に処分してもらったクセに………。

………………解ったら二度とこんな事やんなよ!!」

 

 

 

私「…………………………………

……………ごめんなさい。」

 

 

 

 

 

 

久しぶりに本気で怒った素戔嗚さんの姿を見た気がする

素戔嗚さんがココまで怒ったのは『本体』の正体を

あたしが知ってビビッた時以来かも……………

やむを得なかったとはいえ軽率だったかなぁごめんね素戔嗚さん。

 

 

 

 

 

 

井「あき殿。」

 

 

 

私「ハイ」

 

 

 

井「主の『中』に『波長が極端に違い過ぎるもの』を

侵入させぬ事も拙者らの務めであるが、

肝心の主が其れを成してしもうては我らはもう何も出来ぬのでござるよ。」

 

 

 

私「………ごめんなさい」

 

 

 

康「其れは直政の『傷』の処置とは何もかもが違うて、主に害を成すのでござる。」

 

 

 

私「………うん、何かそれも解る。直政さんの『傷』の時とは感じが違うから………

でもそれは同じ魂だからこそあたしの体には害を及ぼさない、って事なんだよね?」

 

 

 

忠「如何にも。」

 

 

 

素「…………自分から『霊障』を取り込んだようなもんなんだよ。

お前は霊障の怖さを知らねぇから………

霊障ってのは、波長が違い過ぎるほど害になるんだわ。

………霊障に良いも悪いも無ぇが、霊障もエネルギーの一種であって

例えるならお前が火であの人の念が水。って言や解るか?」

 

 

 

私「……………!なるほど。水が火を上回れば消える、ってのと似たようなもんなんだ。

だから素戔嗚さん、あんなに怒ったんだね。ごめん………。」

 

 

 

素「それは『お前自身が承諾して取り込んだもの』だから

俺にそれを吐き出す補助は出来ても、『お前が承諾して所持しているもの』に

直接手を出す事は出来ないんだわ。

…………直政の『傷』に俺ら神は関与出来ないのと一緒。

それはお前が処理する以外に方法は無い。」

 

 

 

私「……それは解ったけど、あたしだってこんな所でくたばるもんか!!

自分で招いた事だし、言われなくても自分で何とかするわ。」

 

 

 

井「……………………。」

 

 

 

 

 

 

 

ヒートショックの酷い版、て感じなのか。

て事はやっぱ『均等』にすればい……………

…………………………………………………

……………やべ、均等とか相当頑張らんと無理やん!!(汗)

うわぁ………久々にやらかしたなぁ…………

もう、少しずつ崩してって全部吐き出すしかないのか。

 

 

 

……………そうか、そういう事か……………

その例えで言うなら素戔嗚さん達は『火が消えないように酸素を送る』事は出来ても

『火の量を増やす』とか『水の量を減らす』所までは出来ないって事ね。

……………?待てよ、コレ『放棄』すればイイんじゃないの??

 

 

 

 

 

 

素「…………お前が『承諾して取り込んだ』以上、『放棄』は出来ない。

厳密に言うと『放棄』しても事態が変わらないっていうか抵抗するのは一緒。

今のお前に残された選択肢は、ネガティブなエネルギーを

『リセット』しながら水を全部吐き出すか、

直政が言った通り『愛い』のエネルギーだけをピンポイントで『粉々に打ち砕く』か

火が消されるかの三択なんだが

前二つはお前にしかやれない上・今のお前にゃまだ『分解』が出来ないから

実質二択しかないようなもんだけどな。」

 

 

 

 

 

 

なるほど。結局は吐き出す以外に方法は無いのか

……………やってやろーじゃないの!

でも逆に言うなら酸素自体は素戔嗚さん達から無限に送られてくるわけで、

あたしはまずその火を絶やさないようにするのが最優先事項だよね。

吐き出すのはその次か。…………なら『火の質』を上げて

早々に『吐き出せる大きさ』まで崩すしか

 

 

 

しかし中々思うようにはいかず、古戦場等での浄化ともセッションにおける浄化とも

全く勝手が違ったため結局ペースは変わらずじまい。

時おり吐き出せてはいたものの、あくまでも少量でしかなかったため

深夜にはえらい事になってしまいました

 

 

教訓:他者のネガティブなエネルギーは絶対に『内』に取り込むべからず。(汗)

 

 

 

 

 

 

 

諷「………ブレンディ出来たよ。大丈夫?」

 

 

 

私「ああごめん、ありがと……熱っっ!

………ちょっと冷えるまではチョコレートで凌ぐか………うへ、一欠片しか食えん………

 

 

 

諷「明日は?」

 

 

 

私「……山県昌景さんの墓参りに行こうと思ってたんだけど……

この調子じゃ無理そうだから止めとくかなぁ。」

 

 

 

諷「止めときん。ちなみに、何処?」

 

 

 

私「長篠。新城かな。」

 

 

 

諷「・・・・・(+ +)

それならまだいっか。意外に近かったわ〜(汗)

母、突然『そうだ、京都に行こう!』的なノリで

ド遠い所まで行き出すからもっと遠いんかと思ってた。」

 

 

 

一同「…………(笑)」

 

 

 

私「明後日は彦根まで行くけどね。直政さんの命日だし。

………つーか旧暦だか新暦だかで二つあるから来月も行く事になると思うけど(笑)」

 

 

 

諷「・・・・・・(;Д)

そんなんで行けるの??めちゃ寒いらしいよ?」

 

 

 

私「自業自得だからしょーがないよねぇ。

ホントは佐和山城跡地まで登りたかったんだけどこの体じゃ無理っぽいから

直政さんの墓参りだけにしとこうと思ってる。」

 

 

 

諷「………ナニやったの(; ̄Д)

 

 

 

私「………………………………………

しばらく来れないっていうお客さんの、瘴気をちょっと取り込んだ

 

 

 

諷「バカじゃないの!!それじゃ気持ち悪くなって当然じゃん!!(;゚□゚)

しばらく寒い日が続くし、死ぬよ??」

 

 

 

私「死ぬなら明後日死ぬと思う。(;)

でも、そしたら本望だよ。

きっと誰もが、母が直政さんの生まれ変わりだって事を疑わんくなるね。(笑)」

 

 

 

諷「それだけじゃん!バカなの!??」

 

 

 

私「バカなんだからしょーがないよねぇ(笑)」

 

 

 

諷「………………………( ´Д)

あったかくして、気をつけて行ってこりんよ?」

 

 

 

私「うん、ありがとー!…………あ、美味しい(*´;ェ;`)

………………………………………

…………………………………………

ふぅ〜〜ちょっと体調落ち着いたわ。ありがとね^^」

 

 

 

諷「スティックはまた買って補充しとくから、遠慮なく飲みんよ?」

 

 

 

私「ありがと。しかし不思議だよねぇ

世間一般的には体にはあんま良くないとされてるモノなのに(笑)」

 

 

 

諷「貴方マイナー派だから( ´Д)

 

 

 

 

 

 

"特殊体質"。神楽の舞妓さんの内のお一人に言われた事が頭をよぎる。

私の検査結果は世間一般の人達の『定義』に当て嵌まる事は稀で、

これまでにも数々のお医者様が頭を抱えてこられたのですが。(汗)

四度の手術の時もそう、手術手前だった疾患の時もそう。

常に『何か』の項目が『定義』に当て嵌まらないため

『大事を取って』処置する医者以外には疾患が『見えない』ため

いつも寸前の所で処置、になるんですよね困ったもんだ。(=_=;)

それで今回ももう戻らない所まで来てるんだよなぁ日々の生活に気をつけるしか

 

 

 

諷のブレンディスティックが効いたのか、

その後1/3くらいまでは何とか吐き出せたのですが

その1/3を抱えた状態で、翌日新城まで行く事となりました。

予想通りと予想外。

楽しみにしていた、陽さんの講座。

年明け早々受けてくださった方同様、

絶対に一般回答は少ないはず!と思っていた所

確かに一般回答は少なかったものの(とあるカテゴリでは一つもなかった・笑)、

エネルギーを視る際には予想外の事が起きたのでありました。

 

 

 

 

 

 

私「えーと、では始めにコレを今からやるんですけど

各項目は1分しかないんで頑張ってくださいね〜^^

行きますよ〜……用意、スタート!」

 

 

 

陽「わ、ハイ!(汗)

………………………………………

 

 

 

私「プププ、やっぱ予想通りだったわ!(笑)

一発目から普通の人には出てこないワードが出てるし!!(≧∀≦)

面白ーーい!……………………………

………………………………………!??」

 

 

 

井「……( ゚Д゚)

 

 

 

素「………(ニヤリ)どうした?」

 

 

 

私「……………………………………

………うわ強!!……………なるほど、そう来るか(汗)

……………………………………………………

…………………………………………………

面白いな、陽さん。ココまではデフォで、

こっから先は『上』と交信してる。スゲェ!(・・;)

 

 

 

武「………(゚Д゚;)

現代のものは皆こうであるのか?」

 

 

 

私「人によってバラバラなんだけど、このパターンは初めてかも。

ある程度能力がある人は読む時に交信を始めるんだけど………

何というか、さすがは普段から通訳やってるだけあるのかなぁ。

ココまでデフォで一般回答以外のワードが出てくるって事は、

普段から偏見とか固定観念とかが殆ど無いって事だよ。

 

 

 

正直、卜占(ぼくせん)専門のスナフよかスゲェ。

今はどうか解らんけど、あの人のクラウンチャクラは細いから

あんまエネルギーを体感出来ないんだけど…

この間の人といい、陽さんといい、交信力だけで言うなら

10年卜占やってるスナフよか確実にチカラあんのがすんげー解る。

リエさんもそうっちゃそうなんだけど…………

陽さんはリエさんとは違う意味で強いし、

リエさんはリエさんで違う意味で強いし。…………どっちも凄いな。(笑)

スナフ立場無し( ̄▽ ̄;)」

 

 

 

井「あき殿とも違うでござる。」

 

 

 

私「だねぇ。………ハイ!終了〜!

…………………………………………………

………………………………………………

陽さん面白い!!()……えっと、ココまではデフォで読めるんだけど

こっからは『上』との交信で情報を集めてますね。

………ココで一旦手が止まったでしょ?

止まった瞬間に一気に周りのエネルギーが集まっていきましたよ。(笑)」

 

 

 

陽「ああそう、ココで(キーワードが)何も出てこなくなったんで〜。^^;

うん、何か切り替わったの自分でもちょっと解りました。」

 

 

 

私「ちなみにコレ、一般回答は◯◯とか●●っていう回答が多いです。

フフフ、すぐカードリーディング出来ますよ^^

……んじゃ次行きますね〜〜!」

 

 

 

陽「はい。……………………………………

 

 

 

私「うは、こっちは結構出るな。こんなん、あたしでも出んし。(; ̄Д)

…………………………………

!!………え、何だコレ………。嘘だろ!この人スゲェ!!」

 

 

 

忠「………………………(ll゚д゚)

 

 

 

康「あき殿の『眼』が。(汗)」

 

 

 

私「うわマジか!(汗)エネルギーくそ強っっ!!Σ(lll)

……………いてててて!………………っ、『眼』が………………………………………

………………………………………うお(汗)」

 

 

 

 

 

 

陽さんは一旦手が止まった後、サードアイチャクラとクラウンチャクラの両方から

『情報の読み取り』を開始なさったんですけど。

先に『天』と繋がった後サードアイチャクラを使い始めたからなのか

同じく『天』と繋がっていた私はその力に誘発されたらしく

眉間に『バカッ』という感触(『眼』が全開になった模様)と共に、

普段は感じない場所からも陽さんのエネルギーを感知したのでありました。

 

 

 

 

 

 

私「うはぁ………misatoさんから聞いてはいたけれど、ナニあたしの『眼』。(汗)

こんなにデカかったのか(゚д゚;)気持ち悪っっ!!

…………想像したらホラーな画が出来上がったんだけど……。てか、イテェ(泣)」

 

 

 

素「ははは!何となくでも大きさ自体は把握してたんだろ?(笑)

最近ムズムズもしなくなったみてぇだし。

お前は基本的に頭頂部だけで事足りるから、

普段は半分くらいしか開けてねーんだよ。」

 

 

 

私「………だって事故死した霊とかを『そのまんま』で視たくないんだもん

顔までハッキリ視えるのは流石にビビるし。」

 

 

 

素「なら、制限を設ければいい。

一定の周波数以下のものは視えないようにすれば

お前が視たくないものを弾く事が出来るぞ。……てか今でもやってるだろ。」

 

 

 

私「それはそうなんだけど……半開の状態でも同調ミスると

バッチリ顔視えるからそれがイヤで(泣)」

 

 

 

素「視えた所で今なら大丈夫だろ。

………ソイツらが逆にビビるような連中がお前の周りを固めてるワケだし(笑)」

 

 

 

井「……其れはひょっとして拙者らの事でござるか?(;)

 

 

 

素「他に誰がいるんだよ(; ̄Д)

 

 

 

私「最悪カムイちゃん達も居るから大丈夫か

……………あ、終わった。ちと待ってね。」

 

 

 

 

 

 

私は陽さんに今何が起きていたのかを説明したのですが

陽さんは「ハイ確かに疲れました(^^;;」と供述。(事情聴取か)

イヤそりゃ疲れるでしょうよ………貴方のエネルギー馬鹿強いし。(;)

……あーなるほど。何であたしよか力の強い人が講座受けに来たんだろ、って思ってたけど

この人無意識で切り替えてる上チカラの調整が苦手なのか。

お不動様、それで陽さんをあたしの所に連れてきたのね。

……………『エネルギーの扱い方』のヒントを提案して欲しいのか…………

 

 

 

エネルギーの扱い方はスナフ流が基本なんだけど

あくまでもコツを掴んだらソレは殆ど要らなくなるんだよなぁ…^^;

そもそもあの人は素のチカラが弱いまんま使おうとするから

ソレやんなきゃいけないワケだし、

一イベント終了後は半日くらい爆睡する事になるんだけど(汗)

……………うーん……………タバコ倒しとロウソク消しが

割といいトレーニングなんだけど、精密度を上げるには絵画が一番イイんだよなぁ。

 

 

 

 

 

 

素「それらを全部教えりゃイイだろ。教えといても損は無いわけだし(; ̄Д)

そもそもそれはセットで教えた方が効率いいんだぞ。」

 

 

 

私「イヤ諷に教える時、煙のコントロールの一つでスナフ流をやってみせたら

明確な違いが出て解りやすかったもんだから……

 

 

 

素「うーん……まぁお前の好きにしろ。

結局それらは肉眼で確認する事で原理を落とし込み、

『扱い方のコツ』を体に叩き込む手段に過ぎねぇからアイツにゃそれが必要ってだけで

陽さん自体は『感覚』を知ってるから

わざわざ脳のエネルギーを使わせる必要はねぇだろ。」

 

 

 

私「それもそうか。スナフは明らかに『感覚型』じゃないもんね。

あの人は能力者ではなくホント魔術師なんだよなぁ……(汗)」

 

 

 

 

 

 

とりあえずいくつかのトレーニング方法を伝え、いよいよ実践開始。

…………しかしコレが発端で、私までそこに参戦する事になってしまいました…………

(※自分が作った講座内容なので完全に自業自得)

 

 

 

陽さんの実践用質問は、今一番気になっているのが自分の前世らしく

今世に一番影響している前世が知りたい、との事だったんですけど。

……うはぁ……今あたしがトレーニングしてる

時空の移動の応用・かつ透視スキルが必要なヤツやんそれ…orz

アクセスする所は確かに同じなんだけど、『ただ知る』のと

『事細かく視る』のとでは違うんだよなぁ……(;)

 

 

 

上手く表現出来なくて申し訳ないのですが、前世の見方にも色々あって

私の場合は一冊の本の目次とその内の一章の中の

重要な部分だけを引っこ抜く感じなので

引っこ抜いたページの中に挿絵的なものがあったケースのみ

『画』が入ってくる、という感じです。(説明ヘタでごめんなさい)

 

 

 

ちなみに私の、井伊直政の前世を視てくださった方の場合は

DVDから『そのシーンの一部』を引っこ抜いた感じで

戦国時代に遡るまでの間はDVDの早送りをしていた という感じでした。

「うわ〜、あなた男の人の過去世が多いね。

大男だった過去世もあるよ(笑)」………とか言いながら

井伊直政の前世を引っ張ってきて、事細かく解説してくださったので。

 

(この方も歴史はよく知らなかったようで

関ヶ原の抜けがけのシーンだけを事細かく解説しておられました)

 

 

 

 

 

 

私「えーと………んじゃとりあえず陽さんはこっちのカードだけを読んでみてください。

もう一種のカードの方はあたしがチャレンジしてみます。」

 

 

 

陽「解りました。こっちから一枚と、こっちから一枚ですね。」

 

 

 

 

 

 

…………一応あたしも陽さんのカードは視てみよう………さて、何が出る??

 

 

 

 

 

 

私「……………………!!(゚Д゚;)

イヤ何となく解っちゃいたんだけど…………この人も万能型か!!

完全にあたしと同じカテゴリの魂だわ、納得。

……………………………………………………

…………この間お寺さんに来た最後のお客さん二人とも同じか…………

珍しいね。中々『お仲間』に会う事って無いんだけど

確かこの間講座受けた人も『お仲間』だった気がするし。

 

 

 

……………………………………………

巫女か。しかもかなり優秀だねぇ。

ぶっちゃけ何やらしてもソツなくこなせる人なんだけど

………?あれ、何でアカリさんと同じ言葉が出てくるんだ??(汗)」

 

 

 

素「………さぁ、そっから何が視えるかな(笑)」

 

 

 

陽「……わたし多分呪術師か何かで、失敗して泣いてる所は視たんですけど……

わ、何か悲しくなってきた(TдT)

えーと、えーと…………………浮かんできた事を書いてってもいいですか??」

 

 

 

私「全然大丈夫なので全部書いちゃってください^^」

 

 

 

 

 

 

呪術師とか充分あり得るんだけど、ぶっちゃけた話はこの人

ご祈祷も卜占も神託も口寄せもどれも出来る人だから

相当重宝されてたはずなんだけど………

正直あたしよか全然優秀だし(; ̄Д)

 

 

 

 

 

 

素「………お前ら人間が何をもって『優秀』とするかは解らんが、

お前ら万能型故の『落とし穴』に気付いてねぇだろ。」

 

 

 

私「万能型ゆえの『落とし穴』……?」

 

 

 

素「彼女が『何で今日ココに来たのか』を考えれば解るはずだが?」

 

 

 

私「あ!そーいう事か!!……………!出てきた!!」

 

 

 

素「お、やるな(笑)」

 

 

 

 

 

 

陽さんは最後の最後に『巫女』というワードを書かれたのですが

それを話している最中に突如アカリさんの時同様

『歩き巫女』という文字とお侍さんが斬られる画が私の頭の中をよぎり

陽さんと私の接点らしき画がコンマ数秒だけ入ってきて、

急激におでこと頭頂部に強いエネルギーが流れ込んできたんですけど…………

 

 

 

二人して「これ以上解読出来ない(TдT)……となったため、一旦そこで終了。

コンマ数秒だけ入ってきた画はボヤけてて

こちらもハッキリとは解らなかったのですが

ただ一つだけ『秀忠』という言葉のみが私の頭に残りました。

………陽さんが間違いなく徳川家に仕えてた間者の内の一人なのは解ったものの………

殺生とかではなく情報収集をメインに、特技を活かして

文字通り巫女として色んな事をやっていた、くらいまでしか

私には解読出来ませんでした。力不足でごめんね、陽さん(T_T)

 

 

 

 

 

 

素「お前らだけじゃそこまでが限界かな。

だが二人ともよく頑張ったじゃねぇか(笑)

アレを『読む』には言葉の概念も捨てねぇと厳しいかも。

俺ら神とは『言語』が違うからな。

お前はお前で『核』の方に行っちゃうし、

陽さんは陽さんで『塊』から解読する人なわけだし。」

 

 

 

私「………くっそ、そういう事かよ!

言葉の概念は結構捨ててるはずなんだけどなぁまだ足りないのか。

あたしの場合は集中力も足りてないね

頭頂部とおでこのどっちに集中したらイイのかが全く解らんかったわ。」

 

 

 

素「お前はまだ『眼』の使い方がよく解ってねぇからな。

視る時は『両方』使う方が正確に読み取れるんだが

てか、能力自体は全然あるクセに相変わらず視る方はヘタクソだなお前(笑)」

 

 

 

私「………全くもってその通りだから何も言えん……(~_~;)

 

 

 

 

 

 

お互いの頭の中に入ってきた情報を交換し、

余った時間は雑談して終了。

…………いやぁ、この時間は物凄く貴重だったわ

つーかあたしの方が勉強させられたし!!(あんた講師なのに何やってんの^^;

陽さんとは「また今度ご飯とか行きましょうね〜!()」と

言葉を交わしてお別れしました。

行く!絶対行く!!(笑)

 

 

 

 

 

 

素「おい!とっととリーディング道具を表に戻して

アカリさんの差し入れ今の内に食っとけ!

最後の一人がもうすぐ来るぞ!!(; ̄Д)

 

 

 

私「言われんでも食べるよ。お腹空いたー!

あ、美味い!!コレ直政さんが好きなタイプの……………………………………

………………………………………

 

 

 

井「美味!美味でござる!!」

 

 

 

康「この酸味が良きかな(о´`о)

 

 

 

忠「うむ!甘過ぎず良い塩梅じゃ!」

 

 

 

武「あき殿も早よう食すが良い!」

 

 

 

素「あ!お前ら俺より先に食いやがって!!ヽ(`Д´)ノ」

 

 

 

私「…………………………(;)

もう食べてたのね。てかあんたら、子供か。(汗)」

 

 

 

お客様「あきさん、こんにちは〜〜!!」

 

 

 

私「やべ!エリさんもう来ちゃった!!んじゃちょっと行ってくる!!」

 

 

 

 

 

 

最後は、かなりお久しぶりなお客様。

新事業でお忙しい日々を過ごしておられると聞いていたため

当分見えられないかなと思ってたのですが

………………………(゚Д゚;)

あれ、何か痩せてない??(汗)

 

 

 

 

 

 

素「その原因はすぐ解るぞ。ちっと気持ちを切り替えていけ。」

 

 

 

私「うん………一体何があったんだろう。」

 

 

 

 

 

 

しかし素戔嗚さんが仰られた通り、その理由は話を聞いていてすぐ解りました。

…………この人も転機を迎えてるのか。

この時期だし、今日見えられた人達は皆『一つ上』に上がる下準備と

一つの区切り(最終仕上げ)に入ってるんだね………

あたしも人の事は言えないんだけど(;)

 

 

 

この方。周りからは誤解されやすい方で

下手すりゃご家族からも誤解されかねないんですけど。

その原因となるものが何なのかはもう相当前から解ってはいたものの、

時期が来るまではあまり触れないようにしていた所

なんとご本人の口からそういう話が出てきたのでありました。

……そうだよね。あたしも同じだし。

もうこれ以上、そんな気持ちをいつまでも抱えたくはないよねぇ……

 

 

 

その時期が来た、と思い私の胸中を素直にお話したのですが。

本人も何となくは解っていたようなので、黙って真剣に耳を傾けておられました。

………この人、あたしの前ではホント色んな意味でも素直だし正直なんだよねぇ………

この人のこういう所がカワイイし、女の人らしくてあたしは好きなんだけど

そんな風だから学生の頃とかは相当妬まれたんだろうなぁ…(^^;;

様々な要因から結構深い傷へと発展してるのが見事に表面に滲み出てるし。(汗)

あたしこの人の事はどうにも放っておけないんだけど

 

 

 

 

 

 

井「……………………。(汗)」

 

 

 

素「………………()

 

 

 

私「…………はっ!!…………………………!!

直政あぁぁぁ!!!またあんただったのか!!(; ̄Д)

 

 

 

井「拙者は何も存じぬ!」

 

 

 

私「………………………………(; ̄ェ ̄)

イヤ、でも、直政さんの気持ちは何か解る気はするから別にイイんだけどね

そんなん抜きにしても、あたしもこの人は放っとけんし。」

 

 

 

井「…面目ない(汗)」←自白

 

 

 

 

 

 

私はいつでもココでお待ちしてますよと告げ、エリさんのお見送りをしたのですが。

まさかこの人も直政さん絡みだったとは…。(汗)

……何か今日は色々と頑張り過ぎて疲れたかも。もう帰るかないい時間だし。

 

 

 

 

 

 

素「この後はもう誰も来ねぇから、とっとと店じまいしろ。

……………まだ終わりじゃねぇからな…………

 

 

 

私「??うん、解ったー。」

 

 

 

 

 

 

 

私は素戔嗚さんのその言葉の意味を深く考えず

とりあえず店を閉め帰宅していたのですが

仕事が終わってから、ようやくその言葉の意味を思い知らされる事となりました。(~_~;)

本日、ある意味同窓会でした。(笑)

もう時系列が完全にくちゃくちゃで申し訳ないのですが

個人的には非常に面白い一日だったので

今回は本日の出店時のお話を載せる事にします。(≧∀≦)

 

 

 

渋滞にハマりながらもギリギリで出店し(あんたいつもやん^^;

椅子などを設置していたら、何と飛び入りでアカリさんがご来店。

…………!解った、今日は前世のリーディングに来られたんだ。

えーと………今日は13時以降予約で空きが16時半からになっちゃうから、

今から巻きで視んと間に合わんじゃん(;)!!←自業自得

やべ、はよ支度しんと!!

 

 

 

……………嘘だろ……………

着いたら100均で軽く何か買って食べよう とか呑気に構えてた所で

道中、素戔嗚さんが「今日はメシ食ってるヒマ無ぇから

途中のコンビニで腹八分くらいの食いもん買って胃に入れとけ(д)

……って言うもんだからその通りにしたんだけど……

言う事聞いてなかったらマジで16時半まで何も食えん所だったわ(汗)

 

 

 

 

 

 

素「だから言ったんだよ。(´д)

しかし今日は珍しく素直に俺の言う事を聞いたな(笑)」

 

 

 

私「いやぁ別に16時半からの休憩でも

慣れっこっちゃ慣れっこだから、別にどっちでも良かったんだけど( ;)

直政さんが何か怖かったから食べる事にしたというか何というか(汗)」

 

直政さんがバーガーを食えと言うのでその通りにしたヤツ

 

 

 

素「ははは!なら直政に感謝するんだな。(笑)

次がつかえるから急いで支度しろ。

ついでに言うなら今日は絵は描けねぇから

お絵描き道具(笑)はキャリーケースからは出さなくていいぞ。」

 

 

 

私「言われなくても急ぐよぅ!(TдT)

 

 

 

 

 

 

とまぁそんなわけで急いで支度をし、セッションを開始。

……………………この間から思ってたんだけど

アカリさんも多分『前世を思い出した方がイイ側』の人だよね。

て事は、もしかして………

 

 

 

がしかし不思議な事に私、このセッションでは

自分が一体何を喋ったのか覚えてないんですよ。(; ̄Д)

微かな記憶は、この方が優秀な歩き巫女だったという事と

直政さんとはちょっとした関連があったという事くらいで

直政さんとの関わりについては、、、、すいませんココでは書けません。(泣)

とりあえずセッションを終え、アカリさんが帰った後……

 

 

 

 

 

 

私「……………………………………直政あぁぁぁ!!(; ̄Д)

 

 

 

井「……ヒィィ!あき殿、まこと面目ない!!(>人<;)

 

 

 

私「いやぁ覚悟はしてたけどマジか(汗)

……………………それもあって今世ではあたし女なんか(;)

 

 

 

井「……………面目ない……………。」

 

 

 

忠・康「(笑)」

 

 

 

私「まぁ、過ぎた事をウダウダ言ってもしょーがないか。

イイよいいよ。あたしゃアカリさんの気が済むまで付き合うし(笑)」

 

 

 

素「………(;)

自分の人生のツケは自分で払うしかねぇからな

お、三河武士の一人が来たぞ。」

 

 

 

私「……………!こっちはこっちでしばらくココには来れないだろうから

折見て例の話はしておくね。」

 

 

 

 

 

 

……今日も戦国時代の同窓会的な感じになるのかなぁ……(^^;;

この人とも武士仲間っちゃ武士仲間なんだよねぇ。

先週、二日がかりで観る事になった素戔嗚さん達オススメの作品は、

一つはこの人にそれを伝えるためだったんだよなぁ……

 

 

 

そしていざセッションを開始した所、

やはりその作品の件はフラグだったようで

予想通りの流れになってしまったため

私は迷わずお伝えする事にしました。

うん、やっぱ自分でも解ってたんだよねこの人。

でも大丈夫。今ココに居る武将の内の二人も

元は心の弱い人達だったから

 

 

 

心が弱いのは別に悪い事ではない。

心の強い・弱いはただその時々で、

自分の気持ちときちんと向き合ってきたか来なかったかの違いでしかない。

そしてココの武将さん達はイヤでも向き合うしかなかったのに対し、

この人はそういう環境下ではなかったというだけ。

でも今からだって遅くはないし、全然間に合うから

ココに来れない間『弱い自分を認める』という作業を

少しでもやってもらえるよう、そのやり方を提案しよう。

 

 

 

そんなわけで自分を認める方法をいくつか提案し、セッション終了。

………………………この人も心配っちゃ心配なんだけど

心配してもしょーがないからきっと大丈夫だと信じよう

…………………………………………………

………………………………………………

あたし多分、こうなるだろうから

今日の出がけは水晶のブレスに変えるかどうかで悩んだんだろうなぁ………

……………………………………………………

 

 

 

 

 

 

素「おいバカ!今日はまだ後二人来るんだぞ!!」

 

 

 

忠「あき殿!」

 

 

 

康「正気でござるか!?(゚Д゚;)

 

 

 

井「……あき殿、それでは主の身が持たぬ!!」

 

 

 

私「………………………………………

大丈夫。終わった後は何とかなるよ。

そう思って水晶には付け替えなかったわけだし。」

 

 

 

素「………。お前の事だからどうせ言う事聞かねーんだろ?しょーがねぇな

『その後』は何とかするけど俺が止めたらすぐ手を離すんだぞ?」

 

 

 

私「解った、ありがとう^^」

 

 

 

 

 

 

………ごめんね素戔嗚さん。でも多分素戔嗚さんも解ってたよね?

この人このまんまじゃ乗り切れないんだよ

時間も無いし、今はコレしか方法が無い。

……………………どれくらいの負荷がかかるかは解んないけど、

次まで持たすにはこっちのエネルギーを"持たせておく"しかないからさ

 

 

 

お客さんの瘴気を直に吸い取るのは色んな意味でも危険なのですが

中和させておかないと仕事でも家庭でも支障が出る状態だったため

腹を括って私のエネルギーを『予備エネルギー』として

体内に蓄えておいてもらう事にしました。

 

 

 

 

 

 

私「………………!!」

 

 

 

素「……この、バカヤロウが……しょーがねぇから一旦下っ腹に『取り込め』。

そんでこの人が帰った後、なるだけそっから『体外に出す』んだぞ?」

 

 

 

私「………解った………ある意味予想通りだけど、スゲェ濁ってて気持ち悪い

だけどこんなもんじゃないよね?」

 

 

 

素「全部は取り込まなくてもいい。

この人はこの人でお前のエネルギーを取り込むんだから、

ある程度取り込めばお前のエネルギーが勝手に『仕事』してくれるぞ。」

 

 

 

私「………………………………………!」

 

 

 

 

 

 

下っ腹に『どす黒いもの』の塊が入ってくる感触がする………気持ち悪い!(泣)

でもこの人、まだまだ自分でエネルギーを循環させる事が出来ないから

このまんまだと益々蓄積されちゃって『詰まっちゃう』んだよ

『詰まる』と分離しちゃうから、それだけはどうしても阻止したくて……………

 

 

 

 

 

 

素「あき!それ以上はダメだ、手を離せ!!」

 

 

 

私「あい。」

 

 

 

井「……………………(ll゚д゚)あき殿!!」

 

 

 

私「……小言は後で聞くからちょっと待ってて……

ハイ!もうイイですよ〜。エネルギーの循環をしておきましたから、

しばらくは持つと思います。それで何とか凌いでくださいね。^^

ありがとうございました。お気をつけてお帰りください。(ペコリ)」

 

 

 

お客さん「はい、ありがとうございました。次会う時まで、お元気で!(^^)

 

 

 

 

 

 

………………………………………

ふぅ〜〜。……………うん、もうエスカレーターは降りられたかな……………

 

 

 

 

 

 

井「あき殿!!」

 

 

 

私「………………………………………ぅえ、

ゲホゲホっ!!…………カハッ!

……………ケホッ!!…………………………

……………………………………

……………っ!!うぇぇ……………

ヤベぇ、予想外に酷かった。」

 

 

 

素「…………無茶しやがって…………

陽(よう)さん来るから、ちと急ピッチで整えるぞ。」

 

 

 

私「ごめん、ありがと……………ぅぇぇ…………

ケホッ!カハッ!!」

 

 

 

陽さん(以下:陽)「こんにちは〜〜^^」

 

 

 

私「あーー!陽さん、こんにちは^^

お久しぶりですーーー!!………ケホッ!

…………あ、すいませんちょっと待ってくださいね……………

…………ぅっ!ケホケホッ!!(汗)」

 

 

 

陽「……大丈夫ですか?(・・;)

 

 

 

私「…あ、大丈夫です。中入ってソコ座っててくださいね、準備しますから………ケホッ!

………今、お客さんの瘴気吸ったからそれを吐き出してた所で………

準備してる間に吐き出すから大丈夫です。」

 

 

 

忠「……無茶をする。」

 

 

 

康「……………そういう所まで直政と瓜二つとは。」

 

 

 

井「……………(汗)

面目ない。然れど無理は禁物でござるよ、あき殿。」

 

 

 

私「わわ、ごめん!直政さんは何も悪くないからね?(TдT)

………あ、だいぶ楽になった……………

素戔嗚さんありがとう。」

 

 

 

素「全くもう……。今に始まった事じゃねぇが、ちったぁ自分を労れよ。(; ̄Д)

 

 

 

私「すいません(汗)」

 

 

 

 

 

 

陽さんは私と同じく神様の言葉を直に降ろせるタイプで、

更に言うなら霊視も出来る方なんですけど。

とりあえず今は色んな事を学びたい時期らしく

今回は私の講座を受けに見えられたのでありました。

ウヒヒ(笑)何気に、めっちゃ楽しみにしてたんだよな〜♪

新年一発目の講座の時と同じで、絶対この人一般回答は殆ど無いよね。

さて、どうなるかな。(笑)

 

 

 

さすが私の期待を裏切らない人、とでも言いましょうか。

この後、予想通りの事と予想外の事が同時に勃発したのでありました。

近況

次の記事を書こうと思ったのですが

だいぶ状況が変わってきたみたいなので

落ち着いたらボチボチ更新します。

 

 

 

先日、数珠のオーダーをいただいたため

足りない分を買い足して作成したのですが、

古戦場や墓所巡りをする時用に商品としては使えないカケや傷のある水晶を入れ

自分用の数珠を一つ作成した所、これが恐ろしく強力な仕上がりになり

『過去世から持ち越してきた部分』とでも言いましょうか

直政さんの当時のネガティブな感情がふとした時に突然流れ込むようになったため

その、凄まじい想いと向き合ってる所でございます

 

 

 

あと、この所己の気をもっと精密に扱えるよう

色んなトレーニングを組み込んで実践していたからなのか

足元が不安定で、しっかり『切り替え』をしないと

ただ歩くだけ、の事に苦労するようになってしまいました。(自業自得)

まだ時期尚早だったのかなぁ……

 

 

 

今、時空と次元の移動を試みているのですが

(移動出来る状態をだいぶ把握出来るようになってきました)

これが物凄く集中力が必要なため、まだまだ思った所には飛べないし

飛んでもほんの数分だけだったりとかするのですが

「ホントに時空や次元の移動とか出来るの??」

という素朴な疑問から試してみた所

素戔嗚さんの手を借りて、ではあるものの

「うわぁ、ホントに出来るんだ!(゚Д゚;)

と面白くなっちゃってですね。(足元が不安定なのはこのせい)

ちなみにこの状態、明晰夢に近い感じになります。

 

 

 

何で突然こんなトレーニングを始める事にしたのか、理由は様々なんですけど

一番の理由はこの写真をじっと眺めていた事が全ての発端なのかもしれません。

全ては、コレらの写真を見た後に衝動が湧き起こってきたので。

 

 

 

 

※コレが発端

 

 

私にはこう見えた

 

私の目と頭がおかしいのは認めます。

 

 

 

 

この一週間はホント後ろの方々?からの、

目に見える形での(ハッキリと認識出来る形での)メッセージがむちゃくちゃ凄くて

今週流れ込んできた直政さんの感情と総合するに

以下の事も書いた方が良さげだと解釈したので

最後に書き残しておきますね。

 

 

 

 

 

(流れ込んできた直政さんの感情)

 

人とは何と弱きものか

 

誰ぞのせいにして

 

己が手で世を変えようとはせぬ

 

貧困の世でも 戦乱の世でも

 

負けじと生きようとする者はおるのに

 

その差は一体何なのじゃ

 

如何に世が変わろうと

 

各々の心持ちが変わらねば略奪も争いも減らぬのではないか?

 

げに必要は心持ちの改革ではないのか

 

 

 

 

 

・神様方の視点(メッセージ)

 

「皆のため」「誰かのため」という大義名分は他人軸の思考

 

その行動は子に何もやらせようとはせず自分が全てやってしまう親と同じ

 

時代がどう、とかは関係なく

 

"外"をいくら変えた所で人は変わらない

 

それは"誰かのせい"ではなく"自分の選択の結果

 

周りを変えたいならまず自分が変われ

 

周りを変えようとするのではなく

 

自分を変えようとする事に意識を向けろ

 

誰かや何かを犠牲にするやり方では結局何も変わらないし変える事は出来ない

 

そもそも犠牲なんてものは存在しない

 

"それを犠牲とするかどうか"は一人一人の"意識"次第

 

 

 

 

 

 

 

 

色々と耳が痛いわ〜…………

でも私の『世の中を変えてやる(世の人々の意識を変えてやる)』という意宣りは

別に間違ってなかったんだなぁという事が解ってホッとしました。

とりあえずトレーニングはもうちょい頑張ってみる事にします。(Д)

あとがきその他

とりあえず先に、桶狭間古戦場〜長久手古戦場の後書きです。

 

 

 

道中では勿論、沢山の写真を撮ったのですが

私あるあるの『天からのメッセージが雲だの影だの水の流れなどに表れる』

という現象が実はこの時にも起きていたものの

ジャッジ癖がある方にはどうやらそれが怖い画にしか見えないようで、

人によっての反応がバッサリ分かれる事が判明したため

今回、無難な彩雲の画像しか載せない事にいたしました。

 

 

 

私、それらの写真は全然怖くなくて

「あ!とりあえず誰かには(祈りが)届いたんだ!!コレお礼かな」

浄化が上手くいった事が解ってホッとしたのになぁ。^^;

そもそも威嚇とかなんだったら

もっとおどろおどろした感じの、

イヤ〜な写真になるんじゃないかと思うのですが

 

 

 

今回の件は色んな意味でも良い経験をさせていただきました。

マジでこんなん漫画だけの世界だと思ってたんですけど、

まさか自分の身にも起きるとは思ってなかったため

色んな意味でビックリだったかも。

しかもこういう映像が視えたのは初めてでして……

恐らく素戔嗚さんがソフトな感じでフィルターをかけてくださったんだと思います。

………聞いても、いつも通り「さぁな?(笑)」で

はぐらかされましたけどね。(~_~;)

 

 

 

で、後日談。

宗さんの家系図を書き写している時に見えた衝撃の文字というのは

戦国時代、同じ戦に出ていた事が判明したのと

旦那家のルーツを辿っていった所、えらい繋がりに辿り着きました。

(私自体はそことの直接的な関わりは無いけどね!・笑)

……………今いる武将さん達は皆それを知ってて付いてきてくれたようです(~_~;)

何だよ〜〜、知らなかったのは私だけかい!(汗)

 

 

 

そして直政さんとの統合の件。

少しずつだけど統合は進んでいるようで

毎度、直政さんの記憶や感情が流れてくる度に思う事なのですが

相変わらず壮絶で、何故いまこうなってるのかという事も

ココ(戦国時代関連)とは全く違う分野の方からメッセージをいただき

個人的には恐ろしく納得でした。

 

 

 

以前ココにも書いたと思うのですが

私の場合は必要だったから過去世の記憶を断片的に持ってたり

特定の過去世を思い出す事となったわけで、

『過去世が気になる』というのもコレと同様

要は『向き合わなければならない事がある』という事を指していて

断じて、現実逃避に走るためのものでもなければ

それを誇示するためのものでもないという事を強調しておきますね。

 

 

 

過去世と向き合う必要があるという事は、

その過去世での壮絶な念(想い?)があり

それを今世で昇華させる必要がある、という事です。

……………コレ今の私にはよく解る……………

井伊直政という人間の素を視る度に

現実(史実)との違いに切なくなってしまうので………

 

 

 

また、覚悟はしていたのですが

普段・素の直政さんとお話をしているが故にその感情が理解は出来るものの、

当たり前だけど怒りや恨みなどの感情だって普通にあったわけで

その当時の怒りや恨みなどを『(文字通り)吐き出す』時は

子供達が心配するほど腹の底からむせるような咳が出て

ちょっと大変だったりします。(;)

………恨みの対象が一人明確に入ってもきたのですが、

今はその方の事は伏せておく事にします

でも私には、そこは非常によく解る(^^;;

 

 

 

だけどそれらは過去の自分が抱えていた感情であり

直政さんはロクに胸の内を明かす事が出来ずココまで溜め込む事になったわけで、

当時の環境や心境などを考えると

「無理も無いなぁ」とか「そりゃそうだよねぇ」などと、

納得も出来るならそれらを全部受け止める覚悟もあるし

400年以上かけてその苦しみを昇華させてきた『井伊直政の望み』を考えると

それは私の世でもう終わりにしたいです。いや、終わらせる。

 

 

 

そもそもそれを昇華させる事が出来るのは

生まれ変わりである私にしか出来ない事であり

いくら神様といえど素戔嗚さん達には出来ない事なんですよ。

自分の人生のツケは自分で払うしかないんです。

素戔嗚さん達はあくまでもその補佐をするだけ。

私自身が向き合わない限りそれが昇華される事は絶対に無いので、

私は色んな意味でも全てを受け入れる!という意気込みで

ゆっくり、でも確実に直政さんの当時の想いを昇華していこうと思います。(笑)

 

 

 

家族以外ではマリっぺさんがいち早くココに気付かれたようで、

以前より気がけてくださるようにもなったのが有り難いです。

朝日姫さんと南渓和尚のおかげかな(笑)

特に南渓和尚の生まれ変わりさんは

笑えるくらい気にかけてくださるのでホント有り難いです。

この人には出会った当初から頭が下がる思いだったんですけど今にして思えば、納得。

 

 

 

それから、古戦場や墓所巡りの記事は反響が凄いようで

一緒に浄化の旅をしたいという申し出があったりとかもするのですが